FXのメリットとデメリットを踏まえた上での取引を!

最近、メディアでもよく耳にする「FX」。
初心者でもすぐに始められると聞きますが、実際はそんな夢のように簡単なものではないです。
内容や仕組みがわからない方が手を出したら必ず、失敗してしまいます。
FXを始めようと思っている方は、まずは基礎知識をしっかり理解し、メリットもデメリットもあることを認識してから始めなければなりません。
まずFXを始めるには、口座を開設しなければなりません。
その業者選びもとても重要になってきます。
業者によって少しずつ違いがあるので、しっかり確認しご自分に合う業者を選んでください。

そして、チャートの見方、取引される各国の通貨の特徴も知らなければならないです。
安易に取引せず、まずはネットや雑誌でも見かける、入門編を熟読して、自分に合った取引ができるかを見極めていかなければならないのです。

そこで初心者の方にもオススメなシステムがFXのシストレです。
このシステムを導入することで、初心者で取引に不安な方やずっとチャートとにらめっこするのが苦痛な方、だいぶ負担が減ると思います。
私も実際に導入していますが、専門家のような知識や高度な分析力がなくてもトレード出来るようになります。
また感情に左右されることなく取引ができるので重宝しています。
しかしこのシステムも業者によって違いが出てくるのでしっかり確認しましょう。
そして先程も言いましたが、メリットばかりでなくデメリットもあるということも必ず認識してください。
>>> FXシステムトレードにおすすめのツールを比較

新聞や雑誌で”外貨預金”という文字を目にすることがあります。
外貨預金とは銀行にお金を預けるとき【円】ではなく【ドル】や【ユーロ】等の外国の通貨で行うことです。
円で預けるより金利が高いこと、円預金と合わせて行うことでリスクの分散ができることがメリットとなっている他に、為替の動きによってはその差が利益となることがあるため資産運用の方法としてもなかなか魅力的です。

しかし外貨預金はいいことばかりではありません。もちろんデメリットもあります。
外貨で預金するわけですから円を外貨に両替する必要がありますが、その時に為替手数料がかかります。
外貨を円に替える時も同じですから、日本にいて円で暮らすなら為替手数料は往復でかかることになります。
このため、預けた時と引き出し時の間に為替の変動が無かったとしても元本割れとなってしまいます。

また、為替レートが預けた時よりも円高に動いた場合はその分の損益が発生するので為替レートの変動には注意が必要です。
そしてもう一つ、必ず知っておくべきデメリットが外貨預金は預金保険の対象外だということです。
預け先の金融機関が破綻した場合その財政状況次第ですが預金が戻ってくる保証はありません。

滅多なことで起きないとはいえ、万一の時に知らなかったといっても後の祭りですからちゃんと踏まえておかなければなりません。
この様に外貨預金には円預金には無いデメリット、リスクが存在しています。
外貨預金をする時はメリットとデメリットを把握した上で総合的に判断することが大切です。

短期トレードは長期トレードより簡単なのか

FXトレードには長期間ポジションを保有して取引を行うスウィングトレードと、短期間で売買の取り引きを終わらせるスキャルピングやデイトレがあります。
スキャルやデイトレのポジション保有時間は数秒から長くても1日程度でしょう。
チャートも1分や、5分、15分足を見てどこで注文を入れるか判断します。
なので数日から数週間持つスウィングトレードより、数分先を予想するスキャル、デイトレの方が簡単だと思う方がいますがそれは間違いです。

短期トレードになればなるほどトレードは難しくなります。
それは短い足を見るだけでは勝てないからです。短期トレードの場合も1時間足4時間足などの長期のチャートを見て大きな相場の流れをつかみ、そして短い足をみてエントリーポイントを決めます。
なので、ルールも複雑になりますし、エントリーチャンスも多いので、取引ルールがぶれやすくなります。
FXにおいてぶれない鉄のルールは必須なのです。

それにだましも多く損切りになった後反転して順行していくというのも多いです。
さらにエントリーサインを逃さないためにチャート画面を監視しておくことが必要で時間と体力が要ります。
その点長期のスウィングは短い足を見る必要はなく長い足だけでいいので、ルールもシンプルに作れトレードもぶれにくいです。
だましにもあいにくいですし、スマホでちょこちょこと数時間から1日に1回程度チャートを確認するだけでいいので、パソコン前にへばりつく必要はありません。
短期トレードでどんどん損失が膨らんでいる方は、そんな難しいトレードは諦めてスウィングトレードへのシフトチェンジすると道が開けるかもしれません。

投資について考えること

過去にさまざまな「投資」と呼ばれるものに正に投資を行ってきたが結果として現在何か形として残っているもはない。
「投資」と言っても幅広く、パチンコや競馬と言ったいわゆるギャンブルも投資だと思うし、自分を磨くための自己投資も投資の一つだと思う。
本来自己投資をすることが自己の成長につながり結果的に自分に残るので一番良い投資なのだと思う。

しかし、目に見える結果を得ることが難しく自分に厳しくないとなかなか達成感を得ることができず難しい行為であることは身をもって感じた結果である。
前者に述べたギャンブルや株などのいわゆる「金銭が絡む投資」については巷にあふれており、中には大成功者もいて目に見えて結果を感じることができる投資なので比較的とっつきやすいものとなっている。

しかしこのとっつきやすさが問題でうまく自己管理ができる人は問題ないのだが自己管理ができず自己の私利私欲のために管理が破たんする人もいて一部社会現象になっているケースもある。
投資とは結論自分との闘いでいずれにせよ自分との闘いに勝った人がその先の結果を手に入れることが出来るのだと思う。

FXのスキャルピングについて

スキャルピングというのはFX初心者が一度は嵌りのめり込む手法です。
そしてもし、上手に利益を出せるなら、こんなに割の良い手法がないのも事実です。
FXで最も大きな失敗は、損失ができない事です。
これがクリアできたら、勝てなくても大負けをしない事です。
そして相場にお金を掛けている恐怖や緊張から解放されるメリットがあります。

FXは誰もが参加できる非常に開かれた相場です。
これが株取引になると、資金がもう少し必要になり、また銘柄によって購入できない事もあるので、さらに資金が必要です。
そういった視点からもFXの利便性があり、それを上手に利用するためにも投資法を学ぶ必要があり、スキャルピングがその中でも大敗で負けないという観点からは優位性がある手法なのです。

しかし、大敗しないようになっても勝てないと、少しずつ資金が減っていきます。
これを克服するためには、スキャルピングなのに頻繁に取引するのは控えた方が良いです。
取引機会を徹底的に絞り、1時間に1回はおろか、数時間に一度の取引程度に控えて、これで勝てるようになればスキャルピングの極意を極めたと言えます。

小額の投資資金でもできることは無いか

投資の初心者にとっては、投資そのものの敷居は意外と高く感じるものです。
それでも投資資金が潤沢にあれば、まだましでしょう。
しかし乏しい投資資金しか持ち合わせていないなら、その敷居はますます高くなってしまうに違いありません。

ただ、敷居が高いと感じる時こそ、ごく小額からでも始められる投資から取り組むというのも一つの手です。
たとえばFXです。
これなら業者にもよりますが、数百円から数千円くらいの資金からでも十分に始められます。

また、高額の資金が必要なイメージの強い不動産投資でも、考え方を少し変えれば小額からでも始められます。
それは、不動産投資信託です。商品にもよりますが、投資信託であれば数万円程度からでも可能な場合もあります。
いずれにしても、少ない資金しかないからと言って最初から諦める必要などありません。
何事もやってみなければ分かりませんので、まずはチャレンジ精神を持ちましょう。

効率のいいFXのやり方は何でしょうか?

FXの初心者の多くはFXで利益が出るとそれを出金せずにそのままFXの口座に入れたままにして投資元本を増やすと言う行為をとらずに、儲けたお金をすぐに出金してしまう人もいるようです。
そのような人たちは「お金は使わなければ意味がない。」とか「スイスショックみたいなことがいつ起きるかわからないから。」と言って儲けたお金をすぐに出金してしまうのようなのです。

しかし、儲けたお金をすぐに出金してしまえばいつまでたっても元本が増えないので、いくらFXで勝ちを重ねても儲けることの金額もたかが知れています。
しかし、FXの初心者は増やすことよりも守ることだが大切だと思っているようで、このようなことをしてしまうようです。

本当に効率よくFXをやっている人たちはこのようなことはしません。
彼らは、FXでは早めにある程度まで元本を増やさなければ効率よくFXを行なえないことをよく知っているので、FXで儲かった金額を出金することはほとんどありません。