投資について考えること

過去にさまざまな「投資」と呼ばれるものに正に投資を行ってきたが結果として現在何か形として残っているもはない。
「投資」と言っても幅広く、パチンコや競馬と言ったいわゆるギャンブルも投資だと思うし、自分を磨くための自己投資も投資の一つだと思う。
本来自己投資をすることが自己の成長につながり結果的に自分に残るので一番良い投資なのだと思う。

しかし、目に見える結果を得ることが難しく自分に厳しくないとなかなか達成感を得ることができず難しい行為であることは身をもって感じた結果である。
前者に述べたギャンブルや株などのいわゆる「金銭が絡む投資」については巷にあふれており、中には大成功者もいて目に見えて結果を感じることができる投資なので比較的とっつきやすいものとなっている。

しかしこのとっつきやすさが問題でうまく自己管理ができる人は問題ないのだが自己管理ができず自己の私利私欲のために管理が破たんする人もいて一部社会現象になっているケースもある。
投資とは結論自分との闘いでいずれにせよ自分との闘いに勝った人がその先の結果を手に入れることが出来るのだと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です